~モバイルプリンターの選び方~



『モバイルプリンター』というものがあることを、皆様はご存知でしょうか?



これは、会社やご自宅に設置するプリンターと違って、
携帯可能な小型プリンターのことを指しています。
『小型なので小さい用紙しかプリントできない』とお思いかもしれませんが、
実は中には一般的に使用されるサイズであるA4サイズの印刷が可能なものもあるのです。
ノートパソコンと一緒に持ち運んで、出先で印刷ができるということで
営業職や土木業種の外出先等での書類作成で活用されています。

スマートフォンなどで撮影した画像をその場で
印刷するのに特化したプリンターも存在します。
気になる方はそれぞれ、ご自身の用途に合わせて
製品選びをしてみるのが良いでしょう。

接続は、いずれの用途の『モバイルプリンター』も
Bluetoothなどの無線接続や、USBケーブルで接続して
使用するタイプになっています。

さて、今回はこのコンパクトな『モバイルプリンター』の選び方について
まとめていきたいと思います。



①製品のタイプで選ぶ



『モバイルプリンター』は大きく分けて

『インクジェットプリンター』




『フォトプリンター』


の2タイプがあります。

『インクジェット』タイプのものは通常の家庭用設置型プリンターと
同じような仕組みで動作するもので、プリンター自体の価格は比較的安価ですが、
メーカーや機種によっては、純正の交換インクの価格が高く
ランニングコストがかかる場合がありますので、その点に注意して選ぶのが良いでしょう。

一方『フォトプリンター』は写真のプリントに特化したタイプで
『インクジェット』と比較しても、美しい写真現像が行えるのが特徴です。

ただ、書類など文字の羅列で形成される印刷物はあまり得意としていませんので、

「写真も書類も双方印刷する機会がある!」

という方には、オールマイティーに
動作できる『インクジェットタイプ』がおすすめです。


②電源タイプで選ぶ



『モバイルプリンター』には、

コンセントから電源供給ができる「AC電源タイプ」




プリンター本体内部にバッテリーを搭載した「バッテリータイプ」


の2種類が存在します。

「AC電源タイプ」はコンセントに繋いで使用しますので、
バッテリー残量を気にする必要はありません。
ただしコンセントがない場所では使用ができないため、
外出先でも使用できる場所を選ぶタイプであることに留意しましょう。

反面、「バッテリータイプ」はコンセントがない場所でも使用が可能です。
ただし定期的に充電が必要であるということと、AC電源タイプと比較して
高価であるというのが難点です。



③インクの種類で選ぶ



『モバイルプリンター』の検討の際には、インクの種類にも注目してみましょう。
『モバイルプリンターで使用できるインクには、

「発色がクリアで写真向きの染料インク」


「文字がくっきりとプリントできる文字印刷向きの顔料インク」


というように種類があります。

写真印刷が主要用途の方は染料インクのプリンターを選ぶのが良いでしょうし、
書類など文字印刷の用途、または文字も写真も印刷するという方は
顔料インクのプリンターを選ぶのが良いでしょう。


④機能や装備で選ぶ



同じような機能、あるいは価格でどのプリンターにするか
目移りして迷ってしまうという場合もあるのではないかと思います。
そのような場合には、便利な機能や装備で選ぶと言うのは一つの手段だと思います。
例としては、パソコンやタブレットなどの端末と
プリンターを接続するケーブルが不要のWi-Fiを搭載したプリンターなどです。

トナーマートのおススメ機種はこちらです。

キヤノン PIXUS iP110 ■ビジネスインクジェットプリンター(¥29,980)

また、対応するインクはこちらです。
キャノン BCI-19BK ブラック インクタンク 純正 1506B001 3個セット(¥4,471)
キャノン BCI-19 カラー インクタンク 純正 2セット(¥3,939)


ご使用の用途にあったものを選んで、自分の好みにあった
印刷面が出るととても気持ちがいいですものね。



トナーマートでは電話・FAX・メール以外に
チャットでもご質問に対応させて頂いております。
お客様のお問い合わせが弊社の活力です!
様々なお問い合わせ、お待ちしております。
お探しの商品が見つからない場合はお気軽にお問い合わせ下さい。03-5380-7590(受付時間平日AM9:00~PM18:00)
商品検索は右フォームをご利用下さいませ。
商品が見つからない場合はお問い合わせ下さい