感光体ユニットとは

プリント用紙にトナー(インク)を転写させる筒(ドラム)のことです。
呼称はエプソン特有のもので総称してドラムと呼ばれます。
レーザープリンタでは必ずこの感光体ユニットが内蔵されています。
一般的な感光体ユニット(ドラムカートリッジ)の役割はトナー(インク)がドラムに乗り、
そのトナーが用紙に転写されて、用紙にトナーが写ります。
これが第一段階で、次にそのトナーが乗った紙に熱を加えることで、トナーを定着させます 。→ 定着ユニット とは

■感光体ユニット(ドラム)の扱いでの注意点
・感光体の円筒部分の表面は手で絶対ふれないでください。
・感光体の表面に傷をつけないでください。
・感光体の表面に手の脂が付いたり、傷や汚れが付くと正常な印刷ができなくなります。
・感光体ユニットを直射日光や強い光を直接当てないでください。部屋の明かりでも、感光体ユニットを長時間あてないでください。
・感光体表面に傷が付かないよう、作業は平らな机の上で行ってください。
・プリントヘッドのガラス面には手を触れないでください。ガラス表面が汚れると品質が低下します。

■保管上の注意点
・感光体を使用しない場合はダンボールに入れたままで保管して下さい。
・直射日光をさけ、以下の環境で感光体ユニットを保管してください。
・感光体ユニットは、高温多湿にの場所には置かないでください。
・他の呼称、ドラム、ドラムユニット、ドラムカートリッジ、イメージドラム、OPCドラム等

純正品・リサイクルドラム・感光体は型番の検索、または下記商品一覧よりご覧いただけます

感光体ユニット 検索結果商品一覧

 
お探しの商品が見つからない場合はお気軽にお問い合わせ下さい。03-5380-7590(受付時間平日AM9:00~PM18:00)
注目キーワード:  コピー用紙   トナー一覧   プリンタ本体   コピー機見直し   店長のつぶやき 
商品検索は右フォームをご利用下さいませ。
商品が見つからない場合はお問い合わせ下さい