~リサイクルトナーの取扱いによる環境保護について~



現在、レーザープリンターは多くの企業様やお客様が購入しています。




レーザープリンターの粉末トナーが入っている容器【トナーカートリッジ】は
使用済みとなったトナーカートリッジをゴミとして処分する際は

『産業廃棄物』

として処分することになっています。

『産業廃棄物』は、一般のごみとは異なり各都道府県で
許可を受けた専門の回収業者が引き取ることが定められています。
回収後は、埋立て処理もしくは焼却処分されます。

他の処分方法として購入したメーカーへ返却するという方法もあり
返却された後にリサイクルしているメーカーもありますが、
産業廃棄物として処分されているケースのほうが多いのが現状です。

これを受けて、10年以上前に産業廃棄物の削減と
自然環境保護の観点から、使用済みの空カートリッジを
リサイクルし、再度使えるようにする取り組みが始まりました。
これこそが、リサイクルトナーの起源です。


リサイクルトナーで環境保護に?



例えば、「コストパフォーマンスが良い」という理由で
購入をしているとしても、結果的に
リサイクルトナーを使用することは

自然環境の保護

につながっていきます。
では、どうしてリサイクルトナーの使用が
自然環境保護に繋がるのかについてまとめてみたいと思います。

環境保護に貢献できる理由は、何といっても

廃棄物の削減と資源の有効利用

という点が大きいでしょう。

例えば、新品のトナーカートリッジのみを使用した場合、
6回使用すればそのままその6本が廃棄されます。

ところが、リサイクルトナーの場合には、
各製造会社が設定しているリサイクル上限回数にもよりますが、
処分される本数は多くても2〜3本程に抑えられます。
すなわち、単純に

ゴミが減る

ということになります。

近年、環境問題についてはニュースや新聞でも報じられるようになりました。
これはもはや

地球上の人類に共通する課題

と言えるのではないでしょうか。
この日本におきましても、環境問題に配慮した法案が可決、施行されています。

各環境関連法はメーカーに義務付けることが多いのですが
中でも

『グリーン購入法』

というのは、メーカーのみならず
消費者である私たちにも環境に配慮した商品を購入するように促す法律です。


グリーン購入法適合商品



グリーン購入法(正式名称:国等の環境物品等の調達の推進等に関する法律)
この法律は製品やサービスを購入する際に、その商品やサービスは
環境に配慮しているか、その商品やサービスの必要性などをよく考え
環境への負担ができるだけ少ないものを選んで購入することを促す法律です。

グリーン購入法が定められたことで、環境に配慮した
環境物品を選ぶことが法的にも求められるようになりました。
しかし、購入者自身が環境によいものを選ぶだけのことを
課せられる法律ではありません。商品を供給している企業側にも
環境に配慮した製品の開発が求められています。

このグリーン購入法が定められた中で
レーザープリンター用のトナーカートリッジについては
2007年2月に特定調達品目(国等の各機関が重点的に調達を推進する環境物品等の種類)に追加されました。
『特定調達品目』とは、リサイクル品のように国が製品使用後の工程で
廃棄物にならないような工夫が施されている商品を選んで使用することが
推奨されている品目のことをいいます。

トナーカートリッジが「特定調達品目」となったことで
環境に配慮した製品開発が進められてきています。


トナーを製造する企業に求められていることは
カートリッジの回収、再使用、リサイクルに取り組むことであり
それらの一定基準を満たしていくことが大きな課題となっています。



トナーマートでは電話・FAX・メール以外に
チャットでもご質問に対応させて頂いております。
お客様のお問い合わせが弊社の活力です!
様々なお問い合わせ、お待ちしております。
お探しの商品が見つからない場合はお気軽にお問い合わせ下さい。03-5380-7590(受付時間平日AM9:00~PM18:00)
注目キーワード:  コピー用紙   トナー一覧   プリンタ本体   コピー機見直し   店長のつぶやき 
商品検索は右フォームをご利用下さいませ。
商品が見つからない場合はお問い合わせ下さい