インクジェットプリンターのプリントヘッドの掃除とは?

今日はシュークリームの日です。

国民的なお菓子となったシュークリームをもっと多くの方に食べていただこうと
日付の「19」がシュークリームの語感と似ていることから毎月19日をシュークリームと呼ぶようになったようです。

あのたっぷりな生クリームとカスタードは仕事をした後、運動をした後、いろいろな場面でのひと時に、老若男女を問わずシュークリームの甘い味に癒やされてますね。

さて、今回はインクジェットプリンターのプリントヘッドの掃除とは?をご紹介いたします。

プリントヘッドはプリンター内にあります。紙や文字、画像などのデータを出力する部品です。
インクジェットプリンターでは紙にインクを噴射する部品をプリントヘッドと呼びます。

【定期的な掃除】
プリンターの使用頻度が少ない場合でも定期的に掃除やメンテナンスが必要です。
インクジェットプリンターは、目詰まりなどのトラブルが起きやすいからです。
インクを噴射するノズルに汚れや異物が付着し、長期間使用しない場合、インクが乾燥し目詰まりが起こります。
そうなると、印刷した紙に黒い線がついてしまったり、本来の色と異なる色で印字されてしまったり、ミスプリントが発生します。
プリンターが詰まるもう一つの原因は、ホコリです。
プリントヘッド部分にホコリが付いて塊になっていると、プリンターが詰まって通常の動作ができなくなります。
プリンターの目詰まりを防止するためには、定期的に印刷をすれば良いのですが、なかなか難しいものです。
その代わりに、プリンターに内蔵されているヘッドクリーニング機能を使ってメンテナンスを行いましょう。

【ヘッドクリーニング機能】
プリンターのヘッドクリーニング機能とは、通常の印刷よりも高圧力でインクを噴射し、ホコリや詰まりを取り除く機能です。
ヘッドクリーニングを行う際には、インク残量が十分にあることを確認しておきましょう。

【ヘッドクリーニングの注意点】
ヘッドクリーニングを行っても目詰まりが改善されないからといって、3回以上ヘッドクリーニングを繰り返さないようにしましょう。
過剰にヘッドクリーニングを行うと、プリントヘッドがダメージを受けてしまいます。
ヘッドクリーニングは、メーカーで推奨回数が定められており、2~3回が適切とされています。

【洗浄カートリッジ】
プリンターの目詰まりを防ぐためには定期的に印刷することや、自動的にヘッドクリーニングを行うようにするのが効果的です。
洗浄カートリッジの価格は、インク代に比べると安価で購入できます。
クリーニング専用のカートリッジなので、ヘッドクリーニングの効果も高くなります。
洗浄カートリッジの中には、目詰まりを取り除くことに特化した成分が配合されているものもあります。
通常のヘッドクリーニングを行っても改善しない場合は、このような洗浄カートリッジを使用するのも良いでしょう。

お探しの商品が見つからない場合はお気軽にお問い合わせ下さい。03-5380-7590(受付時間平日AM9:00~PM18:00)
注目キーワード:  トナー一覧   インク一覧   プリンタ本体   ウイルスセキュリティ   Printer XL-9322 
商品検索は右フォームをご利用下さいませ。
商品が見つからない場合はお問い合わせ下さい