トナーの捨て方

トナーの捨て方について



お店や、会社の運営をしていると日常頻繁に使うコピー機
そしてそのコピー機を使うことで出るゴミ、それがトナーです。



使用済みのトナーはリサイクル処理を希望されているお客様には頭の痛い話ですが
残留したトナー粉による粉塵爆発の恐れのあるものとして昨今では処理を拒否する業者が増えております。

現在ではトナーは一般的には下記の捨て方に分類されます





回収ポストへ

トナーはインクリボンと同じく家電量販店にある回収ポストに捨てることが出来ます。
ただし難点としてお店によって置いていなかったりする事もあります。

事前にしっかり確認しておきましょう。


メーカーの引取

メーカーに引き取り依頼を出すことが可能です。ただしメーカーによって行っていなかったり
引き取ってもらう場合に面倒な手続きがあるのが難点の一つです。

キヤノン:サポート 使用済みカートリッジ回収のご案内
http://cweb.canon.jp/ecology/recycle-cartridge/window.html
回収サービス/リサイクル|サポート&ダウンロード|エプソン
http://www.epson.jp/recycle/


産業廃棄物として廃棄

ウェブ上で探して受け入れをしている業者をさがすのですがなかなか面倒なのが実態です。


リサイクル業者へ回収依頼をする

当店でも行っているのですがリサイクル業者に委託する方法というのもあります
この場合は送料を負担して業者に回収してもらうか、会社によっては無料の所もあります。

当店に関してはトナー購入時にトナー回収の依頼を出して頂ければ無料で回収を行っております。


何故トナーは一般ゴミでは無いのか?



これは先に書いたとおり残留したトナー粉による粉塵爆発のおそれがあるためです。
それにより地域によって可燃ごみ、不燃ごみとして扱われる場合もあれば
そうでない場合もあります。

一般的にはリサイクル業者に引き渡すなどして安全に処理をするようにしましょう。



当店で回収されたトナーの再生





1まず回収したトナーはリサイクル専門の工場で開梱、分類作業を行います。
この段階で外観の破損がないかなどの入念な検査が行われます。

2次に分解清掃になります。部材を一つ一つ専用の工具や機械で分解し、次に利用する場合に不具合が発生しないよう
完全な清掃を行います。

3そして部材の検査になります。分解した部品の一つ一つを再利用できるだけの耐久度があるか
そうでないかなどの細かい品質基準に基づいたチェックを行います。

4組み立てをし、トナーを充填します、そして出荷前には正しく印字が出来るかの品質基準に基づいた
厳しいチェックが行われます。



5包装、梱包をし、出荷となります。当店でリサイクルトナーをご購入されているお客様が利用しているのは
このような形でリサイクルの基準を満たし、厳しいチェックが行われている製品となります。

お探しの商品が見つからない場合はお気軽にお問い合わせ下さい。03-5380-7590(受付時間平日AM9:00~PM18:00)
商品検索は右フォームをご利用下さいませ。
商品が見つからない場合はお問い合わせ下さい